点検口とは? その役割と設置工事について

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Share on linkedin
Share on email

お世話になっております。菊池総建株式会社です。

東京都豊島区池袋を拠点に関東一円で《内装工事》全般と《原状回復工事》を手掛けております。

 

今回は、内装工事、並びに設備工事にも関係してまいります、
点検口について、また、その設置工事について

ざっくりと説明させていただこうかと思います。

 

 

 

 

点検口とは? その役割について

 

 

点検口とは、天井、壁、床などに施工・設置し、
そこから普段見ることができない内部の様子の確認や診断・点検をすることができるようになります。

 

後述いたしますが、内部の「何を見る・確認するのか」によって様々な箇所に施工・設置されます。

 

 

 

 

点検口が設置される箇所

 

 

天井

 

天井点検口参考画像

一般的な天井点検口の様子

 

 

 

天井に設置される点検口は、そのまま「天井点検口」と呼ばれ、
様々な点検項目に応じて、同じフロア内にも複数箇所存在していることも多いです。

メーカーにより、「シーリングハッチ」「ハイハッチ」などといった商品があります。(ハッチ=蓋のついた昇降口、出入口)

 

 

主な点検項目は

 

  • ●電気、インターネット配線
  • ●換気扇ダクト
  • ●住宅診断

 

などがあります。

 

ただし、内装工事においては天井に雨漏りによるシミや漏水が見られる場合にも、点検口から様子を確認したり、新たに点検口を仮で設置し中を確認することもございます。

 

また、屋根裏収納がある住宅では、屋根裏部屋に昇降するためのはしごが、開くとせり出してくる開口部もあります。

屋根裏の点検という意味ではこれらも点検口と言えます。

 

また、古い和室タイプの住宅には点検口がない事が多く、押入れ収納の上部や、天袋の板の一枚が押し外せるようになっており、そこから点検・診断を行うことができます。

 

 

 

 

 

 

壁の点検口が付いている箇所はあまり多くないですが、
マンションやユニットバス内、洗面室内に設置されていることが多いです。

 

 

主な点検項目は、

 

配管(給排水設備)

 

です。

 

 

 

 

床下点検口

 

 

床下点検口、並びに床下収納の参考画像

床下点検口、並びに床下収納の一例

 

 

床下点検口は、キッチンにて見られることが多く、床下収納を兼ねていることも多いです。

 

 

主な点検項目は、

 

 

  • ●床下配管(給排水)
  • ●住宅診断(基礎の状態、蟻害状況の把握、湿気など)

 

 

となります。

 

 

 

このように、普段あまり目にすることはない点検口内ですが、
当然ではありますが中を確認することで建物の様々な状態を把握することができ、
メンテナンス作業の際なくてはならない設備です。

 

ご紹介したように各所に設けられていますが、どれも必要な開口となります。

 

 

 

 

仮設点検口の設置について、その手順

 

 

天井点検口について前述いたしましたが、天井に雨漏りが発生した際や、既存の建物に新たに電気配線を行う際などに
仮設点検口を施工、設置することがあります。

ざっくりとその流れについてご説明させていただきます。

 

なお、今回は「漏水のための点検口の設置」を例にしてご説明します。

 

 

 

①開口箇所、並びに幅を選定する

 

 

天井に雨漏れを目視確認し、まずは周囲の給排水管の位置が既設点検口からわかるか、確認します。

既設の点検口から状態が把握できるようであれば、新たに点検口を設置する必要はございません。

 

既設点検口から給排水管の様子を確認し、原因や問題箇所が確認できなかった、
あるいはその位置からでは確認ができないと判断した場合は、しかるべき箇所に仮設点検口を設置する準備をします。

 

 

 

②仮設点検口設置箇所の検討を行う(検査、墨出し)

 

 

①で原因特定や状況を把握できなかった場合、仮設点検口を設置するための箇所を選定していきます。

 

構造躯体に密接している部分は開けると強度が低下してしまい、
また、開けた箇所から原因特定や状況把握がままならない場合、開ける意味がなくなってしまうため
慎重に開口箇所を検討します

 

 

吊り天井、並びに軽鉄下地の様子

参考として、天井の中の様子がわかりやすい画像を用意しました。 こちらの画像では耐震補強が多めにされているため、下地材が密になっておりますが、概ねこのように格子状に軽量鉄骨下地が組まれており、天井裏には配線や配管、ダクトが巡らされてあります。

 

 

 

余談ですが、下地材を傷つけないように開口するためにボードカッターを用いることもございます。

 

ボードカッターの参考画像(マキタ公式サイトより拝借)

こちらはマキタ社製ボードカッターの参考画像。
写真上部の刃をボード材に押し当て、ゆっくりと線を引くように動かしていき切断する。
写真はマキタ公式製品ページより

 

上部にある刃をボード材に押し当て、ゆっくりと動かしていくとノコギリのように切断することができます。

 

刃の長さを調整し、下地材を傷つけずにボード材のみを切り取ることが可能で、
写真右部の透明部分がダストボックスとなっており、粉塵を抑えることができます。

 

 

話が少し反れましたが、とにかく開口する際に下地材を傷つけないよう
下地探し用の針や、センサーという道具を用いて探し、ボード材を切断します。

 

 

 

③ボード材を切断し、開口する。その後場合により開口補強を行い、点検口枠を取り付け、設置完了

 

 

あらかじめ大きさを確認し、点検口がはまるように墨出しをし、穴を開けていきます。

 

くりぬいたボード材は、傷みがなければそのまま点検口の蓋として使用できるため、
廃棄してしまわないようわかるところに保管しておきます。

 

 

一般的な天井点検口の参考画像

一般的な天井点検口の参考画像。
モノタロウ商品ページより引用。商品名は『ダイケン 天井点検口(スタンダードタイプ)』

 

 

なお、開口の際は必ず1本は野縁を切断する必要が出てまいりますので、
切断した部分の強度を回復させるための開口補強という作業を行います。

 

開口補強が完了し、いよいよ開口箇所に外枠、くりぬいたボード材に内枠を付け、
双方を金具で固定しスムーズな開閉が確認できたら設置工事完了となります。

 

 

なお、あまりじっくり見る機会はないかと思われますが上記で説明させていただいたものに
「スタンダードタイプ」とございますように、点検口にも様々な素材・種類があります。

 

目立ちにくいタイプもありますので、仮設ではなく定期的な点検のために設置したい場合はその旨ご用命いただければと思います。

 

 

以上、少し冗長化してしまいましたが点検口設置のご説明でした。

 

 

 

 

点検口設置工事を含む施工事例のご紹介

 

 

以前、商業施設内フードコートのテナントの内装下地を施工させていただきましたので
その様子をご紹介させていただきます。

 

大規模な改装となり各所の軽量鉄骨下地や、ボード材も貼り替えております。

 

詳細はこちらからご覧ください。

 

《内装工事|新装工事》群馬県高崎市 フードコート 飲食店

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

以上、点検口とは? その役割と設置工事について のご紹介でした。

 

 

  • ●点検口とは、天井、壁、床に設置され、建物の様々な状況把握や診断を行うことができる
  • ●天井点検口は適切な箇所を見つけ、ボード材や下地材を一部切断、開口し、設置する
  • ●様々な天井に合わせ、種類も様々である

 

 

 

当ブログを読み、不安な点や相談したい事柄等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

雨漏り等でお困りの物件オーナー様や管理会社様はもちろん、
それらの工事を依頼されたい設備業者様や、元請業者様なども、まずはお見積りをご検討いただければ幸いです。

 

 

弊社は改修工事や修繕工事、補修工事など全体的、部分的限らず工事をお受けさせていただいております。

 

内装工事全体に関わる工事も、一部工程に携わる工事でもお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

最後に

 

当社では、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行っております。

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を提供しております。

 

遠慮なく複数の業者様と比べていただき、相見積もりも歓迎いたします。

「工事費用はどれくらいかかるのか。」

「この部分はどのように工事をするのか。」

など、ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

 

オフィスリニューアル・店舗改装・原状回復工事・リフォーム工事(内装工事)等々

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております。

 

 

 

現在、弊社が運営しているSNSリンク一覧です。

Instagram     Twitter   Facebook  

フォロー・いいね お待ちしております!

 

~~~~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~~~~

★池袋の内装業者★

★原状回復工事・内装工事一式・オフィス移転★

 

菊池総建株式会社

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:03-5985-4252

~~~~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~~~~~

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Share on linkedin
Share on email

その原状回復費、適正価格ですか?

お問い合わせやお見積りの依頼は24時間、365日承っています。

「退去日が迫っている、今すぐにどうにかして欲しい!」
「まだ具体的に決まってないけど、情報を集めている」
などなど、どのようなお客様でも大歓迎です。

気軽なご相談だけの方も多くいらっしゃいますので、ぜひ一度、お話をお聞かせください。

2019 © Kikuchi Souken Corporation All Rights Reserved.