【内装工事─ボード工事】岩綿吸音板について改めて解説(施工写真あり)

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Share on linkedin
Share on email

お世話になっております、菊池総建株式会社です。

東京都豊島区池袋を拠点に関東一円で《内装工事》全般と《原状回復工事》を手掛けております。

 

今回は、以前当ブログでも何度か扱った事のある岩綿吸音板についてお話させていただきます。

 

なお、よく比較される石膏ボードについてのまとめは、こちらをご覧ください。

 

 

【内装工事─ボード工事】石膏ボードについて改めて解説(施工写真あり)

 

 

 

岩綿吸音板とは

 

 

 

 

岩綿吸音板とは、主に天井に使用されるボード材で、
別名を「ロックウール化粧板」と呼びます。

 

ロックウールとは日本語では「岩綿」と書き、
その原材料は玄武岩(火山岩)や、製鉄の際発生するスラグと石灰を高温で融解し、
綿あめのように繊維状に作り出したものです。

 

そのため、化粧板ではなく敷き込み式の断熱材としてのロックウールは、
グラスウールと見た目や特徴が似ており、断熱性や吸音性が高く不燃性能も高いです。

断熱性や吸音性、不燃性能の高さをそのままに、別途仕上げが不要な化粧ボード材として加工されたものが
岩綿吸音板(ロックウール化粧板)」となります。

 

 

 

 

岩綿吸音板の特徴

 

 

  • 不燃性能が高い
  • 吸音性がある
  • 断熱性能にも優れる
  • 石膏ボードと比べると脆いため、捨て貼り(二重貼り)のものが主流

 

 

 

不燃性能が高い

 

 

内装材としてよく選ばれることが多い理由として、不燃性能が高いことが挙げられます。

万が一火事などで岩綿吸音板に火が移りかけた場合、延焼をしにくく、熱を伝えにくいです。

 

 

 

 

吸音性がある

 

 

名前にもあるように、天井材として最も大きな特徴が吸音性能の高さです。

多孔質」と呼ばれる、無数に穴の開いた材質のため、音を吸収し熱エネルギーに変換します。

 

そのため、見た目が類似している化粧石膏ボードとどちらを選ぶかの段階で、
吸音性能の高さで選ぶなら岩綿吸音板 となる事が多いです。

 

 

 

 

断熱性能にも優れる

 

 

素材がロックウールなので断熱性能も高いです。

断熱性に優れていると、冷暖房の節約にもなります。

 

 

 

 

石膏ボードと比べると脆いため、捨て貼り(二重貼り)のものが主流

 

 

岩綿吸音板は基本的には捨て貼り工法(あらかじめ石膏ボード等を貼り、その上に貼り付けて施工する方法)
となっており、そのため天井ボード材を2枚貼るつもりで工期を見なければなりません。

主な理由は、その構造から石膏ボードに比べると強度が弱いためです。

 

しかしながら現在は捨て貼りの不要な直貼り工法タイプのものもございます。

工期の削減や、天井の軽量化にも繋がるので、上記の欠点が解消されております。

 

収まりや採用の条件などは現場の状況にもよるかと思われますので、
実際に検討する際は施工会社に確認してみましょう。

 

 

 

 

化粧石膏ボードとの違い

 

 

岩綿吸音板の代表的な製品に吉野石膏社の「ソーラトン」があります。

表面に開いている穴の模様が数種類あり、雰囲気に合わせて選べます。

 

しばしば比較されやすいものとして、同じく吉野石膏社の「ジプトーン」がございます。

ジプトーンは石膏ボードに化粧仕上げを行った、いわゆる「化粧石膏ボード」の1つで、
仕上げが済んでいるため貼り付ければ完成となるため工期の短縮ができ、
重宝されている天井材です。

 

 

 

ジプトーン参考画像 弊社施工

ジプトーン施工中の画像(天井) ジプトーンにはトラバーチン模様が「描かれて」いる

 

 

ソーラトン(岩綿吸音板)参考画像。弊社施工

ソーラトン施工中の様子。 中央付近の穴は配線を通していたため。 ソーラトンには模様ではなく、実際に穴が開いている

 

 

わかりやすく違いを説明しますと、

 

  • 化粧石膏ボードは石膏ボード製で、岩綿吸音板はロックウール製である
  • 化粧石膏ボードは遮音性に優れ、岩綿吸音板は吸音性に優れる
  • 強度は、厚みや商品にもよるが化粧石膏ボードの方が優れる
  • 「化粧石膏ボード」という大きな括りで比較すると、化粧石膏ボードの方が多種多様である
  • 価格では、化粧石膏ボードの方が安価である

 

 

以上の事から、化粧石膏ボードは種類、強度、価格に優れ、
岩綿吸音板(ソーラトン)は、吸音性、断熱性の点で優れている
と言えます。

 

ジプトーンにも印象的な「トラバーチン模様」が施されており、
一見ソーラトン(岩綿吸音板)と見分けがつきにくいですが、
ジプトーンは模様であることに対して、岩綿吸音板は実際に表面に穴が開いており
そこが最も大きな違いと言えます。

※補足ですが、例外的にジプトーンにも穴が開いており、吸音性を付加している
タイガースクエアトーン・Dプラス」という商品もございます。

 

 

化粧石こうボードの一種である、タイガースクエアトーンDプラス施工の写真(周辺部分)

スクエアトーン・Dプラス(周辺部)

 

 

 

コスト面において分があるジプトーンですが、吸音性という観点で比較した場合、
岩綿吸音板が選ばれることが多いです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

以上、岩綿吸音板についてざっくりと説明させていただきました。

基本的な特徴について少しでもわかっていただければ幸いです。

 


  • ●岩綿吸音板とは、ロックウール系を原料とする天井ボード材
  • ●ロックウールとは、火山岩や製鉄をする上で発生したスラグを原料とした断熱性
  • ●吸音性や断熱性、不燃性に優れ、石膏ボード同様によく使われる建材の1つ

 

 

 

 

最後に

 

当社では、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行っております。

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を提供しております。

 

遠慮なく複数の業者様と比べていただき、相見積もりも歓迎いたします。

「工事費用はどれくらいかかるのか。」

「この部分はどのように工事をするのか。」

など、ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

 

オフィスリニューアル・店舗改装・原状回復工事・リフォーム工事(内装工事)等々

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております。

 

 

 

現在、弊社が運営しているSNSリンク一覧です。

Instagram     Twitter   Facebook  

フォロー・いいね お待ちしております!

 

~~~~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~~~~

★池袋の内装業者★

★原状回復工事・内装工事一式・オフィス移転★

 

菊池総建株式会社

 

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:03-5985-4252

~~~~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~~~~~

 

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Share on linkedin
Share on email

その原状回復費、適正価格ですか?

お問い合わせやお見積りの依頼は24時間、365日承っています。

「退去日が迫っている、今すぐにどうにかして欲しい!」
「まだ具体的に決まってないけど、情報を集めている」
などなど、どのようなお客様でも大歓迎です。

気軽なご相談だけの方も多くいらっしゃいますので、ぜひ一度、お話をお聞かせください。

2019 © Kikuchi Souken Corporation All Rights Reserved.