この度は『菊池総建株式会社』のHPをご覧いただき誠にありがとうございます。

東京都豊島区池袋を拠点に【全国各地で『内装工事』一式・『原状回復工事』を施工している『内装業者(内装会社)』でございます。

 

 

今回は耐久性、コストパフォーマンスに優れ、窓に塗るだけで快適な生活を送れる優れもの「節電ガラスコート」をご紹介します。

 

 

1. 問題の提示

 

西日が強くエアコンの効きが悪い。

冷えで暖房が効かない。

外線による家具の色褪せ

の結露がひどい

電がしたい

 

これらの悩み、節電ガラスコート1つで解決できます。

 

2. 製品の特徴と利点

 

内窓ガラスに専用ローラーで塗布できる赤外線&紫外線カットの省エネナノコート剤です。
既存の建物の窓ガラスに塗布するだけで、断熱性や遮熱性を向上させることができます。
これにより、夏は室内が涼しくなり、冬は暖かさが保たれます。また、UVカット効果によって家具の色あせを防止し、結露の発生を抑制します。
更にエアコン代を20~25%削減することができます。節電ガラスコートは他の窓の遮熱対策制品と比べ、導入費用が低く、費用対効果が高いことが特徴です。

 

3. 具体的な効果

 

実際の施工例を示します。

施工前後の温度や電気代の比較、UVカット率や断熱性能の向上などを具体的な数字で示し、効果を証明します。

 

夏の省エネ効果

韓国のとある試験ブースにて行われたデータ収集。

同条件の部屋を4つ設置して「ガラスコーティング無」「ガラスコーティング有」で温度測定を行った結果、室内温度は「ガラスコーティング無」との比較で最大3.6℃低下、年間の空調削費減率が28%という結果になりました。(※前提条件として1℃の空調設定温度の変化で省エネ効果10%)
施工コストを計算した結果、約5年での回収が可能と確認しました。

 

冬の省エネ効果

カナダで行われた暖房熱エネルギーの熱逃げ防止効果テストの内容。

熱源(電球)と温度計を入れたガラスBOXを「コーティング無」と「コーティング有」2種類用意して屋外に設置し、それぞれBOX内の温度の推移を計測した結果、「コーテイング有」のBOX内(40W)の温度が1番高く、「コーティング無」のBOX内(50W、60W)よりも熱逃げを抑制しています。

コーティングをしたことにより少ない熱量で室内が暖かくなるため、暖房効率が良くなり、省エネ効果が高いことが分かります。

 

熱逃げ防止効果テストの結果グラフ※㈱skecth様から引用

 

ピークカットとピークシフト: 電気料金を削減するための効果的な手法

電気料金を削減するためには、ピークカットとピークシフトが有効な手法として挙げられます。
これらの方法を組み合わせて使用することで、効果的な節約が可能です。

 

「ピークカット」

ピークカットは、ピーク時間帯の電力使用量を抑制することで、基本料金を安くする方法です。
ピーク時間帯は通常、朝と夕方に集中しています。
この時間帯に電気を使わず、電力使用量を削減することで、料金を抑えることができます。

 

「ピークシフト」

ピークシフトは、ピーク時間帯の電力を他の時間帯に移動することで、使用総量は変わらずに基本料金を安くする方法です。
電気使用量の少ない時間帯に電気を蓄えておき、ピーク時に使うことで、ピーク時の電力需要を減らすことができます。
これにより、電気料金を節約することができます。

ピークカットとピークシフトを組み合わせて、電気料金を削減することができます。
特に、節電ガラスコートのような効果的な省エネ対策を取り入れることで、より効果的な節約が可能です。
是非、これらの方法を活用して、電気料金の節約に取り組んでみてください。

 

 

4. 経済的なメリット

 

節電ガラスコートの経済的メリットは、以下の点が挙げられます。

 

「電気料金の削減」


節電ガラスコートを窓ガラスに施工することで、室内の温度を一定に保ちやすくなります。
これにより、エアコンや暖房装置の使用頻度が減少し、電気料金を削減することができます。

 

「ランニングコストの低減」

節電ガラスコートは、窓ガラスに塗布するだけで効果が得られるため、導入コストが比較的低く、手軽に省エネ対策を行うことができます。
また、耐用年数が長いため、長期間にわたってランニングコストを低減することができます。

 

「ライフスタイルの向上」


電気料金の削減やランニングコストの低減により、家計の負担が軽減されます。
そのため、余裕が生まれ、生活の質が向上します。
節電ガラスコートは、経済的な面だけでなく、生活の快適さも向上させることができます。

 

 

5. 信頼性と保証、及び実績

 

節電ガラスコートには、施工後の効果が持続することを保証する制度があります。
一般的には、内側からの施工には10年の保証が付きます。
また、施工面が経年で劣化した場合でも、製品自体は長期間にわたって効果を発揮します。
安心してご利用いただける保証が節電ガラスコートの特長です。

 

多くの建物で実績を積み重ねてきた節電ガラスコートは一般家庭から商業施設、公共施設まで幅広い用途で利用されており、その効果が実証されています。
また、海外でも33ヵ国以上で販売され、100万㎡以上の施工実績があるため高い評価を受けています。
この実績は、節電ガラスコートの信頼性を裏付けるものとなっています。

 

節電ガラスコートの実績※㈱skecth様から引用

 

6.経済財務省からの省エネ案内

 

窓から熱の出入りが建物で1番大きい為、省エネリフォームを実施する際には、窓の遮熱・断熱性能や日射遮蔽性能を向上させることが重要です。
また既存建物の窓断熱対策が今後の一番の対策課題とされています。
戸建て住宅やマンションは、LOW-Eガラスが標準化されていますが、店舗、オフィスビル等の法人建物の90%はノーマル単板ガラスで省エネ対策が遅れています。

 

※㈱sketch様から引用

 

まとめ

 

節電ガラスコートは、経済的な価値と快適な生活を両立させる素晴らしい省エネ対策です。
電気料金の削減やランニングコストの低減だけでなく、環境への配慮や快適な生活環境の提供にも貢献します。
ぜひ一度、節電ガラスコートの効果を体感してみませんか。

 

 

最後に

 

令和5年に国土交通省から住宅リフォーム支援制度というものが始まりました。

改修やリフォーム費用の一部を補助金や融資で支援する制度であり、これにより住宅改修の費用負担を軽減し、快適な生活環境を整えることが可能です。
支援の利点としては、住宅価値の向上や快適性の確保が挙げられます。
ただし、利用する際には条件や制限を確認し、計画的に取り組むことが重要です。
詳細は下記のリンクからご確認ください。是非ご活用ください。

 

住宅リフォームの支援制度

 

 

 

工事費用は業者により大きく異なるので【相見積】を推奨させていただいております。

まずは、各社見積りを比較し、是非ご検討ください。

当社はお見積りから施工完了までの工程を全て自社で行っております。

お客様に
「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を
ご提供させていただいております。

 

《オフィス・店舗(テナント)》の

リニューアル工事・改装工事・改修工事(リフォーム工事)・原状回復工事

部分的な補修工事から内装工事一式まで受け付けております。

また、弊社は全国各地、どこでも駆けつけます!!

まずは、お気軽にお問い合わせください、心よりお待ちしております。

 

お問い合わせ

 

Instagram

Instagram

Twitter

Twitter

Facebook

Facebook

 

 

 

 

SNSも随時更新しております。

是非、follow⇆(フォロー⇆)・good💖(いいね♡)お待ちしております。

 

~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~

★池袋の内装業者なら菊池総建株式会社★

★東京の原状回復工事も菊池総建株式会社★

〒171-0014

東京都豊島区池袋4-30-10 

TEL:03-5985-4252

~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~

 

 

この度は『菊池総建株式会社』のHPをご覧いただき誠にありがとうございます。

東京都豊島区池袋を拠点に【全国各地で『内装工事』一式・『原状回復工事』を施工している『内装業者(内装会社)』でございます。

 

 

 

今回は、節電ガラスコートとLow-Eペアガラスを比較して、それぞれの特徴やメリット、デメリットについてご紹介します。

これから省エネ対策を考えている方々にとって、どちらが最適な選択肢なのか、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

節電ガラスコート

日本でのシェアNo.1(業界誌)!!!
窓ガラス用の「遮熱・断熱コート」です。

世界33か国へ販売、100万㎡以上の施工、販売実績があります。

 

 

節電ガラスコートの特徴

節電ガラスコートは、建築用ガラスに施される特殊なコーティングで、優れた特性を備えています。
まず、その断熱効果は注目に値します。
太陽光や建物内の熱を反射し、室内の温度を安定化させることで、冷暖房費の削減に貢献します。
また、UVカット機能により、紫外線の影響から室内の家具や内装を保護し、色あせや劣化を防ぎます。
さらに、高い透過率が自然光を十分に取り込み、室内を明るく保つだけでなく、人工照明の使用を減らして電力消費を削減します。
環境への配慮から、エネルギー消費の削減だけでなく、地球温暖化や環境問題への対策としても重要視されます。
最後に、快適な居住環境を提供する点も特筆すべきで、季節や気候の変化に関係なく、居住空間を快適に保つ役割を果たします。
これらの特性から節電ガラスコートは、省エネ効果を高めつつ、建物の持続可能性を向上させる重要な要素となります。

 

●メリット

空調機の費用を25%削減でき、導入してから5年以内は償却可能です。

●デメリット

内窓(二重窓)ではない為遮音性能は機能しません。
またガラス部分だけをコーティングした為、サッシの断熱性能は向上しません。
更に塗料を使用するためコーティング後はシンナーの香りが数時間残ります。

 

 

Low-Eペアガラス

Low-Eペアガラス(Low-Eガラス)は、ガラスの表面に特殊な金属膜(酸化スズや銀)をコーティングしたガラスです。
この「Low-E」は「ローイー」と読み、英語の「Low Emissivity」の頭文字をとって「Low-E」と表記されています。
日本語に訳すと「低放射」を意味しています。

 

 

low-eペアガラス

Low-Eペアガラスの仕組み※㈱skech様から引用

 

 

Low-Eペアガラス特徴

Low-E(Low Emissivity)ペアガラスは、建築用ガラスの一種であり、優れた特性を持っています。
まず、その優れた断熱性能が挙げられます。
微細な金属膜が付着した表面は、太陽放射や建物内からの熱を反射し、室内の温度を一定に保ちます。
これにより、冷暖房費を削減することが期待できます。

また、UVカット効果もあり、室内の家具や内装などへの紫外線の影響を軽減し、色あせや劣化を防ぎます。
同時に、自然光の利用を促進し、建物内の明るさを確保しつつ、エネルギー効率を向上させます。

さらに、季節や気候の変化に関係なく、居住空間の快適性を保つことができるのも魅力です。
冷暖房装置の使用を最小限に抑え、室内の温度を安定化させます。

さらに、一部のLow-Eペアガラスには騒音を軽減する効果もあり、外部からの音を遮断します。
これにより、静かで快適な居住空間を提供します。

総括すると、Low-Eペアガラスは、断熱性、UVカット、自然光の利用、快適性、騒音軽減
といった多岐にわたる利点を持ち、建築や住宅の設計において優れた選択肢となります。

ガラスにコーティングされたLow-E膜が太陽の熱や部屋を暖房で暖めた熱を吸収・反射します。

 

●メリット

複層ガラスは、2枚のガラスと空気層を挟むことで、熱が伝わりにくくなり、単板ガラスより高い断熱効果を得られます。
寒い時期に使用する暖房器具の熱を室内に留め、保温効果を高めることが可能です。
また、外からの冷気の影響も受けにくく、室温の低下を防ぎます。
暖かい空間を実現しつつ、省エネに繋げられるのも、居住者にとっては魅力的です。

 

●デメリット

断熱性に長けた複層ガラスですが、防音性には大きく寄与しません。
単板ガラスと比較すると、構成ガラス枚数が増えるため、多少の防音効果は得られます。
しかし、防音性を求めて作られたガラスではないので、導入する際はご注意ください。
また防犯性に関しても、一般的なガラスを重ね合わせているだけのため、対策としては不十分です。

 

節電ガラスコートとLow-Eペアガラスの比較

節電ガラスコートは導入コストが比較的低く、耐用年数も長いため、ランニングコストを低減することができます。
また、UVカット効果や結露抑制効果など、さまざまな効果が期待できます。

一方、Low-Eペアガラスは導入費用が異なる場合があり、効果や耐久性も異なります。
また、施工方法や保証内容なども異なるため、適切な製品選びが重要です。

以下の写真は節電ガラスコートと他社の高性能フィルム及び省エネ対策商品との費用と性能を比較したものです。

 

 

比較表①

比較表① 比較表 ※㈱skech様から引用

 

 

上記の画像にも記載されている通りLow-Eペアガラスと節電ガラスコートを併せるという選択肢もあります。
また、省エネ効果も得ることができ、費用を抑えることができるのでオススメです。
更に1番大きいと思われるポイントは住宅リフォーム支援制度を受けられるというところです。
ただし、現在は節電ガラスコートを導入しただけでは支援制度の対象外となってしまう為、Low-Eペアガラスなどと併せて施工したほうがお得です。

 

まとめ

 

ご自身のニーズや予算、施工条件によって異なります。
節電ガラスコートは低コストで効果が高いため、多くの方々に選ばれていますが、他社製品も優れた製品があります。
比較検討を行い、自身に最適な省エネ対策商品を選ぶことが重要です。

 

最後に

令和5年に国土交通省から住宅リフォーム支援制度というものが始まりました。
改修やリフォーム費用の一部を補助金や融資で支援する制度であり、これにより住宅改修の費用負担を軽減し、快適な生活環境を整えることが可能です。
支援の利点としては、住宅価値の向上や快適性の確保が挙げられます。
ただし、利用する際には条件や制限を確認し、計画的に取り組むことが重要です。
詳細は下記のリンクからご確認ください。是非ご活用ください。

住宅リフォームの支援制度

 

工事費用は業者により大きく異なるので【相見積】を推奨させていただいております。

まずは、各社見積りを比較し、是非ご検討ください。

当社はお見積りから施工完了までの工程を全て自社で行っております。

お客様に
「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を
ご提供させていただいております。

 

《オフィス・店舗(テナント)》の

リニューアル工事・改装工事・改修工事(リフォーム工事)・原状回復工事

部分的な補修工事から内装工事一式まで受け付けております。

また、弊社は全国各地、どこでも駆けつけます!!

まずは、お気軽にお問い合わせください、心よりお待ちしております。

 

お問い合わせ

 

Instagram

Instagram

Twitter

Twitter

Facebook

Facebook

 

 

 

 

SNSも随時更新しております。

是非、follow⇆(フォロー⇆)・good💖(いいね♡)お待ちしております。

 

~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~

★池袋の内装業者なら菊池総建株式会社★

★東京の原状回復工事も菊池総建株式会社★

〒171-0014

東京都豊島区池袋4-30-10 

TEL:03-5985-4252

~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~

 

この度は『菊池総建株式会社』のHPをご覧いただき誠にありがとうございます。

東京都豊島区池袋を拠点に関東近郊で『内装工事』一式・『原状回復工事』を
施工している『内装業者(内装会社)』でございます。

 

今回は広島県にある宮島特集記事のご紹介になります。

以前紹介した広島の記事の時に当社社長からたくさんいただいた写真を改めて紹介したいと思い、今回の記事を書きました。

クロス工事|シンコール 壁紙と巡る日本 【その弐】広島県特集

まずは当社の社長のコメントからご覧ください。

日本三大弁財天として知られる宮島 大願寺
神仏分離令が出るまで大願寺は厳島神社と深い深いつながりがあった

昔は神仏は分離されていなかったのですが明治維新で神仏分離令が出て分離されています。

厳島神社の先に登山口があり弥山という山があります。
ロープウェイで山頂付近まで行けて山頂までは徒歩40分くらい。

下から登る場合には色んなルートがあります。

僕は厳島に1週間ぐらい宿泊して毎朝ロープウェイなしで弥山を登り全部のルートを攻略しました。

何故かと言うと、
弥山は真言宗の弘法大師空海が修行した山であり今でも山頂手前の霊火堂にある 「きえずの火」 は、 空海が修行を行って以来、 1200年間消えることなく燃え続けており、 平和記念公園の「ともしびの火」の元火のひとつとなっています。

また大聖院には御真言をお唱えしながら回れる所もありかなりプチお遍路巡りもできます。

まーなんせ島全体が凄く神秘的なパワースポットです。

 

 

コメントの中で全てのルートを登頂したとありますが、当社の社長は登山が趣味で、全国のいろんな山に登っています。
機会がありましたら、また別の記事でご紹介したいと思います。

 

 

願寺-亀居山放光院大願寺 [ききょざんほうこういんだいがんじ]

 

亀居山放光院大願寺(ききょざんほうこういんだいがんじ)
住所:広島県廿日市市宮島町3番地
電話: 0829-44-0179

真言宗
拝観時間:8:30~18:00頃
拝観料:無し

 

大願寺

大願寺ー入口

コメントにもありました大願寺ですが、この「大願」は厳島神社を守護するという意のようです。
お寺なのに厳島神社を守護するという大願を掲げているようにもともとこの二つの寺社は繋がりが深かったのですが、明治の神仏分離令により厳島神社が取り壊されるかもしれない事態にまでなりました。
神仏分離令により役人が視察に来たのですが、仏教色が強すぎるということで社殿を焼き払うよう棚守職(管理者)に命じます。
結果として取り壊されるのは免れましたが、そのくらい厳島神社は仏教色も強い神社であり、大願寺をはじめとする寺社との繋がりが深かったといえるエピソードです。

 

大願寺に安置されている日本三大弁才天(弁財天とも)ですが、かなり古くからあるようで、一般的に七福神に描かれるような女神のお姿ではなく、八臂弁才天という腕が八本あるという姿のようです。日本に伝来する前のインド系の姿に近いのでしょうか。
秘仏であるため普段は見られませんが、毎年6月17日に行われる大祭では御開帳されるようです。
気になる方はこの日に行ってみるしかありません。
※ちなみに厳島神社に祀られていた頃は一切見ることはできなかったそうです。

 

重塔-国重要文化財

高さ:27.6m
方:4.558m
五重塔

五重塔

こちらは五重塔。
国宝に次ぐ重要文化財に指定されています。
例によって神仏分離令により安置されていた本尊は大願寺に移されています。
五重塔同様、明治以前に存在していたほとんどのお寺は廃寺となり、本尊等は大願寺に集められたようです。

 

 

 

とめ

色鮮やかな緑色の草木と黄色や茶色が混じりあったきれいな毛並みの野生のシカの画像で今回締めたいと思います。
今回は港から近い平地に存在するものを中心にご紹介させていただきました。

次回は、弥山頂上からの景色、きえずの火など山中にある建物の写真を中心にご紹介させていただきたいと思います。

 

 

最後に

 

工事費用は業者により大きく異なるので
【相見積】を推奨させていただいております。

まずは、各社見積りを比較し、是非ご検討ください。

 

 

当社はお見積りから施工完了までの工程を全て自社で行っております。

お客様に
「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を
ご提供させていただいております。

 

《オフィス・店舗(テナント)》の

リニューアル工事・改装工事・改修工事(リフォーム工事)・原状回復工事

部分的な補修工事から内装工事一式まで受け付けております。

まずは、お気軽にお問い合わせください、心よりお待ちしております。

 

お問い合わせ

 

Instagram

Instagram

Twitter

Twitter

Facebook

Facebook

 

 

 

 

SNSも随時更新しております。

是非、follow⇆(フォロー⇆)・good💖(いいね♡)お待ちしております。

 

~~~~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~~~~

★池袋の内装業者なら菊池総建株式会社★

★東京の原状回復工事も菊池総建株式会社★

〒171-0014

東京都豊島区池袋4-30-10 

TEL:03-5985-4252

~~~~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~~~~~