《内装工事|新装工事》豊島区池袋 商業施設テナント【雑貨店】工事

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Share on linkedin
Share on email

お世話になっております、菊池総建株式会社です。

東京都豊島区池袋を拠点に関東一円範囲で《内装工事》全般《原状回復工事》を主に施工している

内装会社(内装業者)になります。

 

 

 

《雑貨店|商業施設内テナント新装工事》

今回ご紹介させていただきますのは、池袋にある商業施設の中のテナント工事になります。

 

新装工事の内容としまして、雑貨店向けの工事になります。

雑貨屋をオープンするのに当たって、販売する雑貨のイメージを損なわない程度のデザイン内装になります。こちらの雑貨屋さんはラグジュアリーな南国のイメージを描いているそうです。

それでは、簡易ですがご依頼、工事着手までの流れを紹介いたします。

 

<雑貨屋内装工事の流れ>

コンセプトをもとに雑貨屋の内装イメージを考える。

イメージから簡単なレイアウト図を作成する。

内装工事業者へ見積を依頼する。

レイアウト図を参考に内装工事業者に図面を作成してもらう。

工事内容・金額に納得したら工事を依頼する。

内装工事開始(着工)。

完成前の最終チェック。

以上が、雑貨屋内装工事の簡単な流れになります。

 

 

雑貨屋|新装工事|内容詳細

 

施工名称:新装工事(テナント工事)

施工現場:東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店  2階

内容詳細

前テナントから居抜き状態で引き継ぎ既存のクロスを剥がしボードも剥がして
LGS工事(軽量鉄骨工事)とボード仕上げ工事、天井の照明の光量調節で
穴を埋め作業、パテ処理作業、建具(枠)をはめる作業とクロス張りなどを施工させていただきました。
そのまま引き継げる箇所は軽く処理いたします。

 

 

施工写真とご一緒に工事内容を紹介いたします。

既存の壁に貼ってあるクロスを剥がします。

既存の壁に貼ってあるクロスを剥がします。

 

既存の壁を利用するため壁に穴を開ける箇所に下書きをして、正確に長方形の穴を開けます。

既存の壁を利用するため壁に穴を開ける箇所に下書きをして、正確に長方形の穴を開けます。

LGS工事(軽量鉄骨工事)

LGS工事(軽鉄工事)とは、オフィス・店舗・商業施設などで、空間を区切るための天井や床の下地材を設置する工事で、薄い鉄製の材料を使用します。
木材とは異なり、水や湿気に強く、燃えてしまう心配もないため、現在の内装工事の現場では多く使用されています。
施工箇所は、主に天井や壁の骨組みが挙げられます。今回はスペースを区切る為に使用しております。
LGSの特徴として

【木材と比較して防火基準を満たせる】
【工事期間を短縮できる】
【工事単価が安い】

など様々なメリットがあり、現在の内装工事では主流になっています。

 

空間(スペース)を区切るためにLGS(軽量鉄骨)で仕切っております。

空間(スペース)を区切るためにLGS(軽量鉄骨)で仕切っております。

 

 

 

ボード仕上げ工事

ボード工事とは、天井や壁のクロスの下地工事です。
具体的には、石こうボード(プレスターボード)を壁や天井に貼っていく施工になります。
石こうボードを主とする下地は、

【断熱】

【防音】

【耐火】

などの役割を担っており、施工の仕方によっては
(二重張りなど)その機能や種類は多岐に渡ります。

ボードについてなら下記を参照ください。

【内装工事─ボード工事】石膏ボードについて改めて解説(施工写真あり)

 

 

 

建具工事

建具工事とは建設物の開口部分に開け閉めができる仕切りを取り付ける工事です。
主に壁扉や窓として用いられます。
建具工事が行われる用途としては、出入り口、通風口、採光、遮音、防犯などの
目的や用途があり、様々なタイプの建具が取り付けられます。

下記の施工は建具を取り付けた後に養生を行っている写真になります。

作業中に材料が飛散したり、工具が当たったりして、建材や部材部分が汚れたり破損したりすることのないよう、保護しておきます。

こちらをご参考してください→養生材

 

扉に建具を取り付け後

扉に建具を取り付け後

 

養生材を施工中

養生材を施工中

 

 

 

 

前テナントで使用していた照明を減らす為穴埋め作業を行います。

店舗のデザインがあるため、一部の既存の照明はそのまま使用して

残りの照明は光量を減らす為、照明器具を外して穴が開いた箇所に

ボードを照明穴のサイズに合わせカットを行い、填めてビスを鉄骨に打ち止めます。

 

 

すべての箇所のボード工事(下地)工程が終わり、ボードの隙間のパテ処理を行います。

ここで隙間にパテ処理を行わないとクロス(壁紙)がきれいに張れません。

隙間を埋め込んだらクロスを張る作業に移行します。

施工の写真は以上になります。

パテ処理についてはこちらをご参照ください。

【内装工事 用語シリーズ】パテ処理について

 

 

 

まとめ

 

今回は雑貨店の施工事例をご紹介させていただきました。

前テナントを居抜きで工事することで使用できる箇所はそのまま

使用しない箇所はなくしたりすることによって工事費用も格段と抑えられます。

是非、居抜きで内装工事をご検討中でしたら、お気軽にご相談ください。

 

 

 

最後に

 

当社では、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行います。

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を提供しております。

 

遠慮なく、複数の業者様と比べて下さい。

相見積もり歓迎です。

「どこの業者に依頼すればいいのか、工事費用はどれくらいかかるなど。」

《オフィス・店舗(テナント)》の

リニューアル工事・改装工事・改修工事(リフォーム工事)・原状回復工事

小規模の補修の内装工事等

まずはお気軽にお問い合わせ下さい、お待ちしております。

 

 

 

 

Instagram     Twitter    Facebook    

フォローもいいね♡もお気軽にポチッ👆としてください^^

 

~~~~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~~~~

★池袋の内装業者なら菊池総建株式会社★

★東京の原状回復工事も菊池総建株式会社★

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:03-5985-4252

~~~~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~~~~~

 

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Share on linkedin
Share on email

その原状回復費、適正価格ですか?

お問い合わせやお見積りの依頼は24時間、365日承っています。

「退去日が迫っている、今すぐにどうにかして欲しい!」
「まだ具体的に決まってないけど、情報を集めている」
などなど、どのようなお客様でも大歓迎です。

気軽なご相談だけの方も多くいらっしゃいますので、ぜひ一度、お話をお聞かせください。

2019 © Kikuchi Souken Corporation All Rights Reserved.