東京でオフィスビルの原状回復なら菊池総建株式会社へ

日本国内での企業を取り巻く環境は、国内需要の減少・高い国内人件費・人材不足などにより、難しい局面を迎えています。

一方、日本に近い海外進出先としてのASEAN各国の中で「勤勉な国民性」「親日国家」「低コスト」「多人口」「政治安定」と条件が最もそろうベトナムへの進出は、経営戦略において最大のメリットを得やすいソリューションと言えます。

弊社では現地で得た情報、ローカルネットワークを活かし価値ある情報をご提供し、ベトナム進出をお考えの企業様また個人事業主様のお手伝いをさせて頂きます。

当社が実際にベトナムでの事業展開の過程で得た、現地法人設立、人材採用、組織整備をはじめ、現地法人の管理サポートや現地企業とのネットワーク構築などの経験とノウハウを、ぜひお役立てください。

IMG_2262

ベトナムが進出に選ばれる理由

アジアの中でも近年注目を集める国がベトナムです。つい40年前まで南に分かれにあったベトナムは国内に複雑な文化を持つベトナムにとって日本は、戦後先進国の仲間入りを果たしたという点においてロールモデルです。

それもあって親日度も高く、日本人と気質や社会通念も似通っています。

「ネクスト・チャイナ」の最有力国として大きく成長してきましたが、現在のベトナムは全く違います。

『製造拠点から消費地へと変貌を遂げています』

ベトナムといえば以前は組み立て加工の生産拠点の国でしたが、今は多くの日本企業が消費市場としてどうシェアを拡大していくかを考えています。

はっきりといえるのは、時代は変わったということです。

ベトナムは大きな変化の時代に入っていきます。

IMG_2310

豊富な高質人材

ベトナムの人口約9,300万人のうち、約半数が25歳以下です。これはベトナム戦争のためと言われています。

日本でも戦後ベビーブーマーと呼ばれる世代が登場しましたが、今のベトナムもこれと同じ状況言えるでしょう。

ベトナムは発展途上国の中でも教育レベルが高く、優秀な人材が埋もれています。しかし、国内の経済状況はまだまだ成熟されていないため、雇用が少なく、優秀な人材でも職に就けないという状態です。

ベトナムに進出し事業展開を行う以上、ベトナム人人材の存在は必ず必要となります。

外資系企業に務めたいというベトナム人が年々増加しているという背景もあり、日系企業に興味を持ってやってくるベトナム人材と出会える機会も多く望めるでしょう。

発展著しいベトナムの首都ハノイ

その中でも首都ハノイは首都拡大計画によって都市開発が進み、2016年の観光客数も2015年と比べ25%に増え、その数560万人とホーチミンと比較すると2倍に増加してします。

街は若い人達で溢れ、非常に活気のある都市へと変貌を遂げています。

現在の傾向として、日系企業の投資先はホーチミンよりもハノイへ向いています。

ハノイビジネス視察ツアーの開催

【『いま』求められる進出支援サービス】

これまでは、団体向けツアーが多く開催されてきましたが、弊社では少人数に限定しています。

目的は『視察ツアーの開催』ではなく『現地での会社設立』になりますので、行き届いたアテンドをするため

10名限定とさせていただいております。

【現地の日系企業だからできる人脈】

文化や習慣が異なる国で現地に進出し、実際にビジネスをしていなければ、その国の本質は分かりません。現地に精通している企業だからこそできる人脈と『経営者のリアルな声』を体感ください。

弊社が実際にベトナムでの事業展開の過程で得た、現地法人設立、人材採用、現地ローカル企業とのネットワーク構築などの、ノウハウと経験を活かした視察ツアーのご提案を致します。

海外進出に必要なノウハウ提供は勿論のこと日本国内、ベトナム現地法人の両拠点を活かしたサポートが可能です。

お問い合わせはお電話か下のフォームからお願いします。

資料請求・お問い合わせ

tel:03-5985-4252

 

フォーム・メールでのお問い合わせ

お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご住所
お問い合わせ内容※必須