ハット目地施工

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Share on linkedin
Share on email

こんにちわ、菊池総建株式会社です。

池袋を中心に関東全域で「内装工事・原状回復工事」のお手伝いをさせていただいてます。

今日はハット目地施工についてです。

ボードとボードの隙間のことや継ぎ目を目地といいます。

隙間に入れるがハットジョイナーです。

シルクハットのような形をしているのでハット(帽子)ジョイナーと呼ばれています。

施工にはハットジョイナーの裏に糊付けをして埋め込んでいきます。

糊に厚みが出ないように慎重に作業していきます。

厚みがあってしまうと他の目地と段差ができてしまい良くないです。

綺麗に糊付けし、埋め込みました。

今回の施工は上部分がペンキ、下部分がクロスなので

その為の見切りになります。

 

 

本日は以上になります。

また次回、ご覧ください。

 

Instagram、Twitter、Facebookフォローよろしくお願いいたします。

 

当社では、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い、中間業者のマージンを省くことで

「少しでも安く、いい物を」という思いから、お客様のコスト削減になる価格での

サービス提供を行っております。

自信があるから、相見積もりも大歓迎です。

オフィス移転、マンション工事、原状回復工事、リノベーション

「どこの業者に依頼すればいいのか。」

「疑問がありすぎて何を聞けばいいのか。」

「施工費用はどれくらい。」

上記以外でもお困りの事についてございましたら

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お急ぎの方も是非ご連絡お待ち申し上げております。

 

~~~~~~ikebukuro~~~~~~

池袋の原状回復/内装屋さん

〒171-0014

東京都豊島区池袋4-30-10

菊池総建株式会社

TEL:03-5985-4252

~~~~~naisouyasann~~~~~

 

 

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Share on linkedin
Share on email

その原状回復費、適正価格ですか?

お問い合わせやお見積りの依頼は24時間、365日承っています。

「退去日が迫っている、今すぐにどうにかして欲しい!」
「まだ具体的に決まってないけど、情報を集めている」
などなど、どのようなお客様でも大歓迎です。

気軽なご相談だけの方も多くいらっしゃいますので、ぜひ一度、お話をお聞かせください。

2019 © Kikuchi Souken Corporation All Rights Reserved.